メリット1【暖房機のランニングコスト削減効果】

ビニールハウス栽培において、コスト削減は大きな課題。どこの農家様も、試行錯誤を繰り返されていることと思います。コストのなかでも、特に冬場のビニールハウス暖房費は大きな支出。だからこそ、削減したいとお考えの農家様も多いのではないでしょうか。

そのような皆様に、当社が自信を持ってお勧めするビニールハウス(温室)暖房機がグローヒートファン(GHF)です。グローヒートファンであれば、既存加温機と併用することによって、従来の化石燃料型暖房機を上回る効率で加温しながら、ランニングコストを大幅に削減できます。その理由は「灯油・重油などのエネルギーが一切不要なこと」および「過熱水蒸気の伝熱効果による加温するシステム」にあります。

必要なのは水と電気だけ!

ビニールハウス暖房機・グローヒートファンの大きな特徴は、水と電気だけで運転可能なこと。従来の化石燃料型暖房機において必須のエネルギーであった灯油や重油は一切使いません。ただでさえ価格変動しやすい灯油・重油によるランニングコストをカットできるだけでなく、CO2を排出しない環境にやさしいクリーンな次世代型エコ暖房機です。

過熱水蒸気による優れた保温効果!

グローヒートファンは、従来の暖房機のように空気を暖めて送風するシステムではなく、空気より熱容量(比熱)が高い「過熱水蒸気」の熱エネルギーを利用した暖房機です。過熱水蒸気が持つ優れた保温効果により、効率的にビニールハウスを暖めることができます。

既存の暖房機との併用でさらなるメリット

グローヒートファンを既存の暖房機と併用することで、さらなるコスト削減が実現します。グローヒートファン1台で150坪、2台で300坪の保温効果が期待できます(メーカー標準)。

既存の暖房機との併用でさらなるメリット

加温機との併用運転による消費燃料と消費電力テスト

  • 対象期間:2009年1月16日~2009年4月2日
  • ビニールハウス坪数:約600坪
使用器機 仕様
加温機2台
(14℃設定)
  • A重油使用: 4.5L/時間(2台分に換算すると 9L/時間 )
  • 送風機:1 kW
※グローヒートファン導入前の加温機設定温度は17℃だったが、生育状況を見ながら設定温度を14℃まで下げることができた
グローヒートファン3台
(18℃設定)
  • 3台:200V 3kW(3台分に換算すると9kW)
  • 水消費量:1L/時間(3台分に換算すると3L/時間)

77日間の測定結果

加温機の燃料消費量 1313.6L
加温機の電力消費量 354.8kWh
グローヒートファンの
電力消費量
9368kWh

上記データを6カ月間使用値に換算

加温機の
燃料消費量
3152.64L 単:70円/L 220,685円
加温機の
電力消費量
851.52kWh 単:17円/kW(基込) 14,476円
グローヒートファンの
電力消費量
22483.2kWh 単:17円/kW(基込) 382,215円

冬季の暖房費用

6カ月間の暖房費用 617,376円
1カ月暖房費用 102,896円
3.3m² 辺りの暖房費用 964円

考察

重油使用量

重油使用量

CO2排出量

CO2排出係数を算出(電気0.555kg/kW、A重油2.6977kg/L)

CO2排出量

加温機燃料代の費用対効果

加温機燃料代の費用対効果

※グローヒートファンの水道料金、ボイラーの電気代は含みません。
※重油代などは当時の価格を参考にしています。

地域・環境・作物など、諸条件によって変動はありますが、大幅なコストダウンが見込めます!

Pick Up「過熱水蒸気」をご存知ですか?

「過熱水蒸気」とは、オーブンレンジなどで注目されているエネルギー。沸点100℃の水蒸気にさらに熱を加えて100℃以上にした水蒸気のことです。

【過熱水蒸気による加熱パワー】
過熱水蒸気は、凝縮伝熱、対流伝熱、輻射伝熱の3つのエネルギーを持っています。従来の暖房機は加熱空気で室内を暖めますが、グローヒートファンは過熱水蒸気で室内を暖める仕組み。過熱水蒸気は加熱空気に比べ非常に大きな熱量を持つため、物に熱を与える能力に大変優れているのです。

また、過熱水蒸気は「加湿をしながら対象物は乾燥させる」という特徴があるため、四季を通して作物に悪影響を与えることのない適度な湿度を保てる環境をつくり出せます。

グローヒートファンは、過熱水蒸気を生成する際に使用する水のなかに、マグネシウムを多く含む電気石「ドラバイト」を入れています。このドラバイト水の水蒸気にはマイナスイオンが多く含まれ、作物の生育に良い影響を与えると言われており、ビニールハウス栽培においても良好な効果が期待できます。
>>ドラバイト水について

グローヒートファン導入事例

CASE 01 農作物

CASE 02 園芸(花)

SPECIAL 病院・事務所などの暖房機としての使用例

ウェブからのお問合わせはこちら